虫歯治療

虫歯治療患者様の歯の健康を守ります

患者様一人ひとりに合わせた治療を行っています。現在のお悩みごと、治療に対して不安なこと、分からないことなどがありましたら、遠慮なくお申し付けください。患者様のご要望やご予算などにマッチした治療プランを一緒に組み立てていきましょう。


「痛くないから大丈夫」「まだ我慢できるから」と治療を先延ばしにするのはいけません。虫歯は自然治癒しません。放置しておいても、悪化していくだけです。「虫歯かも」と思われましたら、どうぞお早めにご相談ください。

小児歯科

お子さんの大切な歯を守る小児歯科

実は、乳歯や生えたばかりの永久歯は抵抗力が弱く、とても虫歯になりやすい傾向にあります。そこで小児歯科では虫歯治療はもちろん、そもそも虫歯にならないような指導・処置を行っています。「乳歯はいつか生え替わるから」とお考えの保護者様もいらっしゃいますが、乳歯の虫歯は永久歯の健康にも悪影響を与えてしまうのです。ほかでもない大切なお子さんの歯です。きちんと守っていってあげましょう。

当院の取り組み

小さなお子さんは歯科医院が苦手です。ですから当院では、まずはその苦手意識がなくなるところから治療をはじめています。3歳の時点で1人でも怖がることなくきちんと治療を受けられるよう、まずは座るトレーニングからはじめていきます。歯科医院に行くのがはじめてというお子さんも、どうぞご安心ください。

子どもの予防歯科

歯の健康を考えるうえで一番大切なのが、そもそも病気にならないよう予防していくこと。そこでこちらでは、子どもの歯の予防法を年代別にご紹介しています。お子さんがいらっしゃる方は、ぜひチェックしてください。

妊娠期 お腹のなかにいる赤ちゃんのために

バランスの良い食事

乳歯の芽となるものは妊娠7週目ごろからつくられます。健康な乳歯ができるよう、栄養バランスを考えた食事を心がけて。

虫歯や歯周病予防を行う

妊娠中は虫歯や歯周病になりやすい時期。お母さんがお子さんに虫歯や歯周病をうつさないためにも、予防に取り組みましょう。

乳幼児期 乳歯が生えてくるころ

仕上げみがきでフォローして

はじめての歯である乳歯が生えてくる時期。虫歯になりやすい乳歯ですから、保護者の方が仕上げみがきをしてあげてください。

おやつについて考えて

子どもの大好きなおやつ。でも考えなしに与えていると、虫歯の原因に。回数・量をきちんと決めて、食べたあとはすぐに歯をみがく習慣をつけましょう。

学童期 永久歯へと生え替わるころ

歯並びに合わせたみがき方

乳歯が永久歯へと生え替わるため、複雑な歯並びになりやすい時期。きちんと歯がみがけているかどうか、ご両親も注意してあげてください。

永久歯の虫歯を防ぐ

生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすい状態ですから、定期検診をきちんと受診し、虫歯にならないよう心がけましょう。